webデザインにおいて、百聞は一見に如かず

私が通っている専門学校でwebデザインと言う授業を行います。
webデザインでは主に、工業関係やwebデザイナーと言った職業を取り扱う学科の授業として行われます。
私は自宅でもある程度webデザインの勉強をしておりまして、自分で作ったサイト上に表を作成するソースコードや別のサイトにリンク貼るソースコードなどについて勉強しております。
私が通っている専門学校では、自分で作ったサイトに表を作成するソースコードの授業をやっておりません。
webデザインの授業は他の教科と同じように先生の説明が長く、授業の内容があまり進行しないそうです。
私は自分で作ったサイトを閲覧して、自分で作ったページに異常が無いか確かめているところを生徒に見られた時、パソコンの画面を見ている生徒の方に向かせて、自分が作ったサイトを見せました。
自分が作ったサイトには、webデザインではまだやっていない表が表示されており、自分たちが作ったサイトに表を作成するソースコードの勉強をやっていない生徒たちは私がサイトに表を作成しているところを見て目を丸くしていました。
自分のサイトを作るにあたって授業や講義でゆっくり勉強するよりも、自宅で授業や講義ではまだやっていないものを予習するかたちで実践してみるのが一番かと思います。
自分の空間で好きなだけサイトを作成する勉強をする事が出来ますので、一番いい方法かと思います。