犬のしつけの第一歩「お手」

 

犬のしつけの第一歩といえば、お手ですよね。

 

お手のしつけが出来れば、その後の犬のしつけも要領が分かってくるものです!
まずは犬のしつけの基本、お手をマスターしましょう。

 

犬のしつけで大切なのは、何度も根気強く教えると言う事。
具体的にお手の犬のしつけをみてみましょう。

 

お手のしつけは、おやつを使って行う事が多いです。
この方法が、一番効率的なお手の犬のしつけです。
自分の掌に犬の好きなおやつをのせて、しっかりと見せます。

 

犬がおやつ欲しさに顔を近づけ、手を出してきますが、この時点ではおやつをあげないで下さい。

 

犬が諦めたところで、もう一度掌を開いて、おやつがある事を見せます。
何度がこれをくり返し、もうもらえないと思わせた所で、掌に犬の足をのせます。

 

この状態で、「お手」と言って下さい。
そしておやつをあげます。
ついつい愛犬が可愛くて、おやつをあげてしまいそうになりますが、しっかり我慢させるkと事が大切ですよ。

 

犬のしつけはタイミングと愛犬との信頼関係が大切です。
おやつをあげ過ぎても上手くいきませんし、我慢させ過ぎても難しいです。
犬のしつけもそれぞれの犬で差があるので気長にやってみましょう。